兇猛な殺意 ジキル&ハイド

提供: モンストTODAY Wiki
移動先: 案内検索

「美しく芸術的に・・・息の根を止めて差し上げますよ・・・」


兇猛な殺意 ジキル&ハイドとは、ジキル&ハイド獣神化した姿である。

親しみを込められてジキハイと略されている。


No.3077 兇猛な殺意 ジキル&ハイド

魁先生 藤堂平助
非天 阿修羅廻

レアリティ 属性 種族 戦型 撃種 性別
★★★★★★ 亜人 スピード 反射
HP 攻撃力 スピード
19589 22059 375.90
+4900 +3225 +46.75
24489 25284
(30341)
422.65

※()内はゲージ成功時の攻撃力

アビリティ ゲージ
反バリア/反ダメ壁 アンチ魔法陣/SSターン短縮
友情コンボ 副友情コンボ
四反射分裂弾 短距離拡散弾9
ストライクショット:ブラッディ・レゾンデートル
近くの敵にハイドが突撃&自身のスピードとパワーがアップ(22+8T)
ラックスキル
クリティカル

概要

2015年12月16日に闇属性限定ガチャミッドナイトパーティーにて実装されることとなった。

2017年12月19日に獣神化解禁。純粋な善意ジキル&ハイドおよび完全な悪意ジキル&ハイドから獣神化可能。

進化の純粋な善意ジキル&ハイドアンチ重力バリアアンチ魔法陣を所持し、神化の完全な悪意ジキル&ハイドアンチダメージウォールアンチ魔法陣を備えている。

獣神化が予想されていた時期は栄華を極めし女王 クレオパトラ同様、主要なアンチダメージウォールとアンチ重力バリアのどちらかは消されるだろうと言われていた。


しかし いざ生放送で獣神化のビジュアルが公開されたときはまさかのダブル素アビという非常にポテンシャルの高い光景がそこには広がっていた。

性能

ステータスはHPが24489、攻撃力がゲージで30341、スピードが422.65と、イラストの化物を体現しているかのような非常に高い数値となっている。

特に攻撃力の数値が非常に高く、スピード型の平均の23395を遥かに大きく上回っている。そのためジキハイをバランス型と勘違いしているユーザーが多発している。

アンチアビリティが3つとSS短縮と豪華な盛り合わせにこのステータスと、やっぱり限定は凄いと謳われた。


また友情コンボも一見すると今までの反射分裂弾から反射が一度増えただけという認識がされていたが、その一度の反射で玉の数がすこぶる増えるため、もはや別の友情と言っても過言ではない存在となった。


ストライクショットも希少な盾投げとなっており、現状だとスーパーヒーロー キャプテン・アメリカ智慧と武勇の聖女神 アテナの二人だけである。

アテナが投げる盾と違ってこちらのハイドは小さく、雑魚や弱点に当たりづらいが、彼の場合はハイドよりもジキル博士本体の倍率がとても高く、アテナ SPD:12倍/攻撃力1倍/盾攻撃力0.82倍に対してこちらは SPD:15倍/攻撃力2倍/突撃攻撃力0.8倍と倍率が変わっている。

ただしアテナの上位互換というわけでは決してなく、壁と壁の往復での火力は投げる盾のサイズが大きいアテナの方が高く、ジキハイはあくまでもジキルの自強化というポジションが強くなっている。

遠くの敵にも攻撃ができる反射分裂弾に更には近距離では高威力を発揮する短距離拡散弾も引っ提げている、近くても遠くても友情が当てやすいキャラである。


咎シリーズの中でもトップクラスに難しいとされている光超絶の堕獄の蓮華、三逆の咎 - 超絶(デーヴァダッタ)の最適の一人であり、クエスト中のゲージ速度異常攻撃の影響もほとんどない。

そして新たに登場した光爆絶崩れ逝く世界に喝采を - 爆絶(カタストロフィ)にて再び最適を手に入れた。相対する属性、重力、アンチ魔法陣とギミック完全対応、更にはわくウッドスフィンクスと触れなければならない雑魚の起爆にも使える友情が優れていた。

直殴り倍率が2倍のSSは、直殴り倍率が5倍のカタストロフィとの相性が非常に良いとされ、SSさえ使用すれば勝ち確定とまで言われているレベル、もし真上に出も挟まったりなんかした場合は即撃破なんてことも珍しくなかったりする。


また カタストロフィの適正にはパンドラハーメルンといった亜人キャラも多いため それらとの相性も良い。

現在は新たにアロンダイトという強力なテュポーン処理特化という相方を手に入れ、今後もカタストロフィを追い詰めていくとされている。

更にコンテニューできる爆絶という名目で恐れられている婚々!嫁入り狐の大披露宴 - 激究極(狐の花嫁 ジュン)の適正の一人でもあり、キスキル・リラ同様 難易度を下げることに貢献した一人である。

8/3、染まるは忿怒、砕くは天魔 - 超絶(獅子吼の軍神 愛染明王)のクエが重力+魔法陣という組み合わせで登場し、ギミック完全対応ということと高火力で再びそこでも適性をつかむことができた。カタストロフィのクエ同様SSでラスト一気に削るという活躍を見せる、またSSでゲージ一本吹っ飛ばす火力を見せつけたりもした。

ビジュアル

進化は優しく理知的なジキル博士が仕込み杖でもう一人の人格であるハイドと共に戦い、神化はその暴れるハイドに慄いている姿とされている。

モデルは言わずもがな解離性同一性障害の代名詞として有名なジキル博士とハイド氏


獣神化ではそのハイドの心の闇が肥大化してしまい、そのことにより負の感情に呑み込まれてしまった結果ジキル博士までもが闇へと堕ちてしまう。

残酷で狡猾な性格となってしまった彼は殺意の波動を抑えきることができず野生の悪魔と化してしまった。

そして今日も今日とて1人の獲物を探しに闇に包まれた夜の街へ往く……という設定になっている。


SSボイスでは明確な殺意を含めたセリフを放つものの、紳士的かつ丁寧な口調なのが更に狂気度を高めている。

モンストのユーザーには女性も多く、男キャラクターの限定は非常に珍しいとうことで、邪悪・イケメンという事で強さを度外視しても狙うというユーザーも多く存在し、

またTwitterなどでも彼を渇望する男性ユーザーも数多く見受けられる。


Youtuberぺんぺん氏のイチオシ兼お気に入りのキャラであり、彼があげる動画のトップに必ず登場している。


余談ではあるが医者、紳士的な言葉遣い、狂った殺人鬼ということで終盤まで主人公達を精神的に追い詰める殺戮の天使に出て来るダニエル・ディケンズことダニー先生に似ていると言われている。