仁愛なる花ノ国の精 蒲公英[獣神化] 概要

台版:仁愛的花之國精靈 蒲公英

仁愛なる花ノ国の精 蒲公英概要

No.2859 性別
S仁愛なる花ノ国の精 蒲公英
じんあいなるはなのくにのせいたんぽぽ
6 最大Lv/運 99/99+101
属性 種族 妖精族
ヒット 貫通 戦闘型 バランス
Lv最大HP/タス/計 19518 / 4900 / 24418
Lv最大ATK/タス/計 20434 / 3250 / 23684
ゲージ成功時 : 28421
Lv最大SPD/タス/計 338.80 / 49.30 / 388.10
アヴィ
ゲージ
アンチ重力バリア/アンチウィンド
飛行/魔族キラーM
スキル オールレンジバレット
100発の貫通する属性弾で全方位を攻撃
補足 未検証
スキル(サブ) 貫通拡散弾 EL3
16方向に特大貫通属性弾を3発ずつ乱れ打ち
補足 威力:2812/属性:光属性
SS
同種のSS
蒲公英奥義 春風綿毛弾(20ターン)
HIT数で威力が変わる爆弾を、最初の敵にセットし爆発
補足 100HIT/200HIT/300HITの3段階
拡張SS
同種のSS
蒲公英奥義 春風綿毛弾(24ターン)
HIT数で威力が変わる爆弾を、最初の敵にセットし爆発
補足 100HIT/250HIT/400HITの3段階
売却価格 9500 経験値 4500
英雄の証 2個可 ユーザ様の評価 9位(R1549)
神化元花ノ国の精 蒲公英(1503点)
素材:獣神竜・碧x3 獣神竜・光x2
神化元幻惑の写真師 蒲公英(1482点)
素材:獣神竜・碧x3 獣神竜・光x2
素材としてこのキャラは素材になりません
ラックスキルシールド(発生率3-8%)

転載する際は転載元としてこのページへリンクをお願い致します。

一番のお気に入りキャラに設定




ゲージショット

START / STOP

※タップの離れたタイミングで停止
※マウスのボタン離したタイミングで停止
※クソ実装なのでFPS低いです_| ̄|○

ゲージショット名:飛行/魔族キラーM

ゲージ速度:1倍



ピックアップコメント

全てのコメントを見る

わくわくの実

仁愛なる花ノ国の精 蒲公英にオススメの実

仁愛なる花ノ国の精 蒲公英の良いところ

項目は素人が適当に決めたので予告なく変更されることがございます

2017.12.27 「おでこ」 と 「目」を追加いたしました

仁愛なる花ノ国の精 蒲公英のタイプ

項目は素人が適当に決めたので予告なく変更されることがございます



ステータスチャート

仁愛なる花ノ国の精 蒲公英
HP:24418/ATK:28421/SPD:388.10
(HP:3.2点/ATK:2.2点/SPD:3.2点)
☆6平均
HP:22627/ATK:26769/SPD:332
(HP:2.6点/ATK:2点/SPD2.4点)
☆6貫通バランス型平均
HP:22639/ATK:26296/SPD:343
(HP:2.6点/ATK:1.9点/SPD2.6点)
 

※集計対象キャラの変更により数値が変動いたします

Wiki記載内容

仁愛なる花ノ国の精 蒲公英のWikiページ

概要[編集]

仁愛なる花ノ国の精 蒲公英とは、ガチャキャラクターである蒲公英の獣神化形態である。

性能[編集]

全キャラ中でも屈指の実力を持つ非常に有用なキャラクターであり、最大の特徴は爆発的な火力を持つストライクショットにある。 蒲公英のSSの内容は「ヒット数に応じて威力が変動する爆弾を最初の敵に設置」というものであるが、火力がぶっ壊れなのだ。 一段階目、100ヒットそこらでも弱点ヒットで250~300万ものダメージを叩き出し、2段階目で400ヒットもしてしまえば1000万以上もの絶大な威力が見込める。 もちろん、ヒット数を意識した編成にしなければ最大限のポテンシャルは発揮できないが、100ヒット程度なら通常のパーティー編成でも達成できるうえ、弱点強化や弱点露出のSSと組み合わせればさらに高い火力を叩き出す。爆発の範囲も広いため、弱点と相当離れていなければほとんど弱点ヒットするのも強み。 その絶大な威力から「もう綿毛が強いんじゃね?」という説まで生まれてしまった。(SSボイス「お願い綿毛たち!みんなの力を私に貸して!」)

ストライクショット以外の面も非常に優秀であり、密着すれば高い火力を出せる友情コンボオールレンジバレットや頻出する魔族雑魚に有効な魔族キラーM、さらに重力バリアと地雷に対応しているため、非常に汎用性が高い。

だがどんなキャラにも欠点はあるもので、蒲公英の弱みはなにかというとイラストである。 もちろん獣神化のイラストも非常に良いのだが、進化神化と比べるとどうしても見劣りしてしまう。そもそも絵師が違うので、見比べた時に違和感を覚えてしまうのだ。 まあこれは個人の主観も混ざっているので、どう評価するのかはユーザー次第といえよう。

裏を返せば、それくらいしか欠点が見つからない優秀なキャラと言える。